音楽について

ほーら続かない ということで大好きな音楽の話

 

幅広く聴いてるつもりでも音楽の世界は広いです どこまで行っても知れば知るほど井の中の蛙のように思えます

 

高3まで音楽あんまり聴いてなかったですね アニソンはめっちゃ聴いてたけど

 

あるときとあるアニメのMADで(タイトル全然覚えてない)ケータイの着信音をfall out boyのbeat itにしてる場面を見て「何この音楽かっけぇ!!」って思ったことが大元のきっかけだった あと受験期のストレスのはけ口を探してた中でPSPの有線聴けるヤツが1番のきっかけだったなぁと思う

 

その時聴いたのがsoulflyというメタルグループの「blood fire war hate」という曲でした タイトルだけでもう暴力的ですよね マックスというギタリストのスピード感溢れてなおかつ暴力的なリフに全て持ってかれました(タイトルとか次の曲になると消える&曲戻せないので必死でメモった)マックス・カヴァレラのギターがなければ僕はここまで音楽を聴いてなかった 断言します

その時にはもうマキシマムザホルモンを聴いていたからメタルは分かってたつもりだったけど思いましたね、これが「持ってかれる」ってことなんだと

 

余談ですがメタルのことを「ヘビメタ」って呼んだりミステリのことを「ミステリー」って呼ぶ人見るとはらわた煮えくり返ります

 

 

メタルに魅せられた僕はそこからそのグループの曲を聴きまくりました いわゆるdigるというやつです 初めてのdig

 

大学には側にTSUTAYAがあったのでそのグループのアルバム(2枚しかなかったけど)借りました

「3」というアルバムには9.11を偲んだ1分丸々無音のトラックがあってタイトルの意味を知って少し衝撃でした

 

未だに覚えてるけどその時レンタルしたのがfall out boyのベスト盤、soulflyのアルバム「primitive」、bad religionの「recipe for hate」、仮面ライダーフォーゼのサントラの4枚でした

そこからは狂ったようにレンタルまたレンタルの日々

 

・洋楽はジャケで選ぶべき

・邦楽はジャケで決めると痛い目を見る

・グループ名でメタルかと思っても中身はスカだったりする

・邦楽ロックはヘタにファーストアルバム借りるとがっかりする

・とりあえずアルファベット順に見てみる

・オムニバスはだいたいジャケ通りの中身

・ジャズは昔のから借りた方がいい

全部経験から学んだことです 皆さんも試して見てください

 

そんな中で見つけたのがHIPHOPです 邦楽を見てる中で見つけたのが「鬼」というラッパー(youtubeで「自由への奔走」を見たのが知ったきっかけだった気がするけどどっちが先だったかな、好きなものほど触れたきっかけは思い出せないものです)HNに似てるからという安易な理由 そこから広がる世界は広すぎた

あとseedaやscarsを知ったのもこの頃だったしBuddha Brandもフォロワーからおすすめされた ブッダの休日、名曲です

 

奥が深いです、HIPHOP

深みにハマると全部が楽しくなります 誇張抜きでこれは文字通り全部が楽しくなります

 

たとえばラップって言葉の羅列じゃないですか、その後ろに音楽が流れてるんですが

打ち込みの1から作ったものを「ビート」、既存の曲(ジャズ、フュージョン、レゲエ、果ては歌謡曲、これだけで記事一個かけます)の1部をループさせたのが「トラック」と言います

そんでそれに言葉を乗っけるのがラッパーです

 

他にもあるけどキリがないです apple musicが最近すごいなぁと思ったんですが、これってアーティストにどんぐらいお金入ってるんでしょう?

CDをわざわざ買うのも大学生になってからでよく言われる買った時の感動はあんまり経験してない平成生まれですがCDはいまだに欲しくなります 所有欲って言うんでしょうか、ジャケットがいいCD見つけると欲しくなります

 

 

めくるめくジャケ買いの世界

f:id:hinabitea:20190531000526j:image

中でもおきにいりが右上の紫のと黄色いヤツです 何を好きになるかは人それぞれ…ジャケット眺めてるだけで幸せだし何かひらめきそうだし聴きながら眺めても最高です

 

楽しい!

 

 

 

書くネタがなくなりました