パロディについて

続かないと思ったけど書きたい事があったので書きます 漫画のパロディについて 記憶力のいい人は覚えてるかもしれませんがだいぶ前にTwitterでも書きました

 

 

さて皆さんはパロディと聞いて何を思い浮かべるでしょうか。ジョジョ?進撃?シャフ度?ニチアサ?日曜夕方のご長寿番組?特撮作品?福本伸之作品?昭和のバラエティ番組?ゲーム?ガラスの仮面?誰もわからないような作品?それとも星野源の曲?

 

古今東西いろんなパロディがありますが好き嫌い分かれると思います。単純に面白いものもたくさんありますが人によっては他人のふんどしで相撲を取るような真似をしていると思われてもしょうがない手法ですしパロディそれ自体に罪は無いと思いますし僕は基本好きです。

 

でも一回だけ、確か高校時代、ある漫画(タイトルは知らない)の中の1Pの画像を見て微妙な気持ちになりました。

ページ端に縦で書いてあるキャラ説明のところに

・(キャラ名)…ジョジョが好き

と書かれていたんです。名前も知らない作者様には本当に申し訳ない、買ってもいない最初から最後までマトモに読まれてもないのに批判されるとか文字通り木を見て森を見ずだと思いますが…それでも僕からしたらその木の部分が、一部分だけが決定的にモヤモヤを生み出しました。

 

内容のコマもいくつか見たんですがそのキャラ、ジョジョのネタをやたら言ってくるんですね、確か二人三脚で呼吸を合わせる、というような流れで「波紋の呼吸ですね!」というセリフ。説明もなしに。

分かってる身としてはまぁ面白いものとして描いてるんだろうなぁと思いはしたものの(笑ってはいない)、「これってネタとしてはどうなの?」と思いまくりました。

 

パロディ元を知らない人にはどう映るのだろうこのコマは…「タイトルは知ってる漫画だなあ」「そのネタなんだろうなあ」とかでしょうか。

そこから「キャラがかわいいからいいや!」になれば全く、何も問題はないんですが僕がそういう人だったら真っ先に思うのは

 

「何これ、知らんネタおもんなっ」

 

です。というか、

「これ面白いと思ってやってんの?」

「このネタをこの漫画でやる意味あんの?」

です。

 

 

いやパロディをする意味は基本あるんです。「二重の面白さ」を演出するならやって損はない演出です。それに同人誌でたまにある「○○を××で!」というパロディもその作者が好きなものと好きなものを足し算した結果として意味あるものだと思います。

 

だけど意味は絶対ないと思うんですよこの場合、

・高校生の日常を描いた4コマでジョジョが好きな(そのキャラのアイデンティティがそれしかなかったら最悪)キャラがメインの一人を張っている

・そのキャラがジョジョのネタを披露する

 

ジョジョ関係ないやん

 

ジョジョは好きだけど、この名も知らない漫画は嫌いではないけれど(disってるから客観的に見てみれば嫌ってるようにしか映らないけど嫌ってはいません)

ジョジョはこの作品で出てくる必要性はあるのか?

出すにしてもそれを理解してなければ面白くない出し方をするのは何故?

 

ある状況において別のものを同時に提示して本来の文脈の面白さに添えられた文脈も楽しむ、和歌で言えば「本歌取り」というヤツです。

が、残念ながらこれは本歌取りではなくネタの再放送です。

 

 

これが僕の嫌いな(というかやっちゃいけないものだと思っている)パロディの形です。

・二重の面白さを演出できない

└これが線引きの難しいもので本来のパロディなしの文脈A(作品Aと言ってもいいですが)とパロディされる文脈Bの両方に「この状況でその言葉を使っても大丈夫」という正当な繋がりがあればダジャレみたいな使い方であっても問題ないんですが、この例においてはAB間の繋がりが無理やりすぎた。

ここからが難しいという理由。別に文脈Bを知らなくても楽しめるという、「文脈Bが気づかれない場合」です。これはパロディではなくある読者にはネタをパクったと気づかれないけど文脈Bを知っている読者にはパロディと映るものです。文脈Bのパロディとしての文脈A、AとBの足し算で生まれたそのコマ自体が面白ければ、作者の伝えたい文脈Aが伝われば問題ないんです。まぁこの記事あくまで全部「僕から見れば」の前提で書いてるので別に人それぞれでいいんですが。

さらに難しいところがもう一つ。特にギャグの場合、問答無用に文脈Bをパロディすることが面白い場合です。勢いで笑わせてくる時にこの個人的につらつら書いてる理論のようなものは太刀打ちできません。結果として面白いんだもん。これが出来てるのが大亜門先生だと思う。

(この場合の文脈Bは文脈の持つ内容でなく字面だけの意味でも構わないんです、上記の例ならば「呼吸」という言葉。本来は呼吸繋がりで波紋の呼吸をパロディするのは悪いことではないと思う。「そして○○は考えるのをやめた」は一番使いやすいと思うしこれはほぼ100でヘタ踏むことは確実にない安牌だと確信しています)

・単純に読者の立場に立っていない

└文脈Bを知っていなければ笑えないという状況を作ってしまったことが悪い点。知らなくても笑えるようなものを持ってこないと読者全員に正しく受け取ってもらえない。中学高校で会話の途中に割り込んでそうでもないのに「あそれ○○のネタでしょw」みたいなこと言ってくるヤツみたいなアレです。言われた側はひたすら「????」じゃないですか?

・それでもそのネタを描きたかったという作者のエゴ

└そのキャラや絵には払う人いてもそのネタに金を払う人はいねえぞ

 

 

とボッロクソに知らない人をディスってしまいました。申し訳ないです本当に。いつか特定して本買います。商業に出ているというだけで既に僕より立場は上です。本当に無責任な…当たらないところから石を投げているような卑怯者です僕は。

 

続きは成功例というかいやみのないパロディの例でも紹介したいと思います。眠い。

音楽について

ほーら続かない ということで大好きな音楽の話

 

幅広く聴いてるつもりでも音楽の世界は広いです どこまで行っても知れば知るほど井の中の蛙のように思えます

 

高3まで音楽あんまり聴いてなかったですね アニソンはめっちゃ聴いてたけど

 

あるときとあるアニメのMADで(タイトル全然覚えてない)ケータイの着信音をfall out boyのbeat itにしてる場面を見て「何この音楽かっけぇ!!」って思ったことが大元のきっかけだった あと受験期のストレスのはけ口を探してた中でPSPの有線聴けるヤツが1番のきっかけだったなぁと思う

 

その時聴いたのがsoulflyというメタルグループの「blood fire war hate」という曲でした タイトルだけでもう暴力的ですよね マックスというギタリストのスピード感溢れてなおかつ暴力的なリフに全て持ってかれました(タイトルとか次の曲になると消える&曲戻せないので必死でメモった)マックス・カヴァレラのギターがなければ僕はここまで音楽を聴いてなかった 断言します

その時にはもうマキシマムザホルモンを聴いていたからメタルは分かってたつもりだったけど思いましたね、これが「持ってかれる」ってことなんだと

 

余談ですがメタルのことを「ヘビメタ」って呼んだりミステリのことを「ミステリー」って呼ぶ人見るとはらわた煮えくり返ります

 

 

メタルに魅せられた僕はそこからそのグループの曲を聴きまくりました いわゆるdigるというやつです 初めてのdig

 

大学には側にTSUTAYAがあったのでそのグループのアルバム(2枚しかなかったけど)借りました

「3」というアルバムには9.11を偲んだ1分丸々無音のトラックがあってタイトルの意味を知って少し衝撃でした

 

未だに覚えてるけどその時レンタルしたのがfall out boyのベスト盤、soulflyのアルバム「primitive」、bad religionの「recipe for hate」、仮面ライダーフォーゼのサントラの4枚でした

そこからは狂ったようにレンタルまたレンタルの日々

 

・洋楽はジャケで選ぶべき

・邦楽はジャケで決めると痛い目を見る

・グループ名でメタルかと思っても中身はスカだったりする

・邦楽ロックはヘタにファーストアルバム借りるとがっかりする

・とりあえずアルファベット順に見てみる

・オムニバスはだいたいジャケ通りの中身

・ジャズは昔のから借りた方がいい

全部経験から学んだことです 皆さんも試して見てください

 

そんな中で見つけたのがHIPHOPです 邦楽を見てる中で見つけたのが「鬼」というラッパー(youtubeで「自由への奔走」を見たのが知ったきっかけだった気がするけどどっちが先だったかな、好きなものほど触れたきっかけは思い出せないものです)HNに似てるからという安易な理由 そこから広がる世界は広すぎた

あとseedaやscarsを知ったのもこの頃だったしBuddha Brandもフォロワーからおすすめされた ブッダの休日、名曲です

 

奥が深いです、HIPHOP

深みにハマると全部が楽しくなります 誇張抜きでこれは文字通り全部が楽しくなります

 

たとえばラップって言葉の羅列じゃないですか、その後ろに音楽が流れてるんですが

打ち込みの1から作ったものを「ビート」、既存の曲(ジャズ、フュージョン、レゲエ、果ては歌謡曲、これだけで記事一個かけます)の1部をループさせたのが「トラック」と言います

そんでそれに言葉を乗っけるのがラッパーです

 

他にもあるけどキリがないです apple musicが最近すごいなぁと思ったんですが、これってアーティストにどんぐらいお金入ってるんでしょう?

CDをわざわざ買うのも大学生になってからでよく言われる買った時の感動はあんまり経験してない平成生まれですがCDはいまだに欲しくなります 所有欲って言うんでしょうか、ジャケットがいいCD見つけると欲しくなります

 

 

めくるめくジャケ買いの世界

f:id:hinabitea:20190531000526j:image

中でもおきにいりが右上の紫のと黄色いヤツです 何を好きになるかは人それぞれ…ジャケット眺めてるだけで幸せだし何かひらめきそうだし聴きながら眺めても最高です

 

楽しい!

 

 

 

書くネタがなくなりました

長続きしないたち

でも整体に通うのは続いてるんですよね 背中と腰をバキバキやられるのは快感 この歳にして

 

というのも今の仕事でギックリ腰をやらかしたからなんですよね 23の時 1番辛かったのもこの年だったと思う

よくあのイカれたパワハラ上司に手を出さずにいられたなぁと思うんですがいざそういう人がいなくなるとどうでもよくなるのは誰しも一緒だと思います

 

嫌な話をするつもりはないので早速創作の話でもします

 

https://www.pixiv.net/member.php?id=7549697

このURLから飛べると思うんですがboothで通販をしている「怪異専門シャノワール探偵事務所」の話です(一話冒頭はこちら→ https://twitter.com/hinabitea/status/1121805743441600514?s=21

 

元凶はTOMOSUKE様のツイート、クリスマスの日のなんですが 面白そう〜!と思って休日タリーズに駆け込んでお話の土台を書いてたのを覚えてます

 

創作で考えてたこと全部mastodonに書いちゃったからそこに書いてない話しようと思うんですがこういうの描きたい〜ってのが今まで基本的になかったんですよね!二次創作ならめっちゃやるけど!それ以外で「これを描きたい!」っていう自分のテーマがほとんどなかったんです

だけど原作者がこうして原作と関係ない純粋な二次創作をチラッと出してるの見て心が騒いだんですよ 負けた!って

原作者という立場上か何かは知らないけど「こんなん頭に思い浮かんだ」って言ってるのを見て僕が思ったのは「最高の遊び道具だ!!」ってことなんです 大元のツイートで言及されてたのが好きなコンビだからとかじゃなくて単に面白そう!っていう好奇心で手をつけ始めました

 

好奇心って言葉、いいですよね 奇妙なものを好む心て 奇妙か奇跡か怪奇かは知らないけど全部好きです あと「奇しくも」って言葉もいいですよね

 

 

奇しくもこの「怪異専門シャノワール探偵事務所」は原作「ひなビタ♪」と同じく「音楽の力」がテーマです 一話しか出てないですが最終的には音楽が話を結末に持っていきます

 

皆さんは音楽、好きですか

僕はめっちゃ好きです 四六時中聴いてます

きっかけは単なるストレスのはけ口でメタルを聴き始めたことで(これは覚えてればいつか書きます)

 

この創作を描くきっかけは上記の通り そこからは妙にトントン拍子で第一章の話がまとまりました

いやトントン拍子というかめっちゃ時間かかってますが(大元が普段から怪異とか言ってるから化物語を全シリーズ見たりした、新作も早く見たい…物語フェスは仕事で不参加でした)

 

このシリーズ読むにあたって気をつけてほしいのが原作と全く違う世界の話ってことなんですよね アドチルみたいな

春日咲子さんは橘咲子さんだし めうめうは胡散臭いし

他のキャラもちょっと変になってるかもですがこれが僕の好きな世界観です 本を手に取った方に言ってるのは「ほどほどに楽しんであげてください」です

こんな形の創作をこのジャンルでやってるのは他にないだろうし あくまで形になったのは1話だけだし

一話が感触良くてもそれ以降で残念ってなるかもしれないしキャラやらコンセプトがそもそも受け付けないとかあるだろうし

 

それなりに、変なことを変な人がやってると思って、対岸の火事と思って読んであげてください

途中で断念するのも十分ありえるけど 長続きしないかもしれないけど 僕は純粋に楽しいから描いてます それに共鳴する人はそこそこに楽しみにしてください

 

このへんで終わります 次はあるのか